金言−649:ハードワーカー

サービス残業という考え方がまだ勤め人の間に浸透していなかった頃。
団塊の世代の多くは残業代を稼いで、マイカー維持費に充当したり、週末に場外で
投票したりしていました。エコノミックアニマルとして、休日返上・連日深夜まで
残業すると、愛社精神の高い期待されるハードワーカーとされていました。
ところが、外資企業になると、定時に仕事が終わらないスタッフは評価されません
。ハードワーカーは、就業時間内に同業者同僚以上の成果を出すことで評価される
ようになります。深夜までサービス残業を繰り返すのは、ハードワーカーではなく
時間内に成果をだす能力に欠けるダメな従業員のパターンに変わっています。
実情は、残業しないかわりに、早朝出勤と自宅持ち帰りでデスクをキープしていた
ハードワーカーが多かったと思います。余談ですが、芦屋に拠点を持っていた頃は
、朝7時前には大阪のオフィスに向かう高速道路を走っていました。自分なりのバ
ブルがはじけるのが1年遅れたら、あの未曾有の大震災に巻き込まれていました。
昨今、残業代未払いとかブラック企業とか話題になっています。遅刻してその穴埋
めに残業し同僚とのガス抜きの宴まで時間つぶし、それを会社が労基法に基づき一
律超過勤務手当として支払うケースには、払いたくない経営者がいそうです。

関連記事

  1. 居心地
PAGE TOP