金言−741:それまで元気にいてね♪

大学の同期で卓球部つながりの旧友から久しぶりの年賀状が届きました。
こちらは4年ほど前から郵便配達会社のキャンペーン商品の不買を継続しているの
で、すっかりごぶさたしている相手です。
賀状によると、3年間レッドチャイナで暮らしていたようです。この人は、大学時
代から親中国で、中国語中国文学を学び、卒業後は神戸で教員をしていました。ど
うやら、教員を引退してNPOかボランティアか教育機関の何かのプログラムで大陸
の若者相手に活動していたようです。
この3年間には、旧日本軍の悪さを中国政府が内政安定の道具に使った抗日の事象
がいくつも起きたはずです。政治と文化、政治と経済は切り離して考えると折にふ
れてレッドチャイナの高官は公言します。そういう中で、政治経済の動きに一線を
画して文化教育の分野で活動していたと想像します。
就職して以来、カネの動きに無縁な分野の活動(地域のスポーツ振興活動を除き)
を経験したことがない商人としては、文化教育それにNPOはよくわからない領域で
す。NPOは何となく許認可権や利権・寄付行為などカネの匂いはしますが。
数年前に期限切れになっていたパスポートを年末に再度取得しました。
これは、米国との戦争に勝利したベトナムがその後どうなったのかを見に行くため
です。10年の有効期間中に健康寿命の上限までに渡航を考えています。
南ベトナムの手土産をもって、この親中国の姿勢が半世紀以上ぶれない旧友に会い
に行こうと思い付きました。
「それまで元気にいてね」と年賀状のお礼に書き添えました。

関連記事

  1. 欲
PAGE TOP