金言−285:制服マジック

近頃の「制服マジック」をご存知でしょうか。
ある投資アドバイザーがこのようなことをいっていました。
「仕事のユニフォームを着るとその気になり俄然やる気が出るとか、そういったポジ
ティブな意味ではありません。これは主に女子高生を対象に使われる言葉です。制服
を着ていれば、公の場で非常識な行動をしても「個人(=自分)」ではなく「女子高
生」そのものが責められる、という大人の深層心理をついた、彼女達の知恵です。例
えば同じギャルでも、私服と制服では洋服屋の店員の態度はガラリと変わります。」

服装によって周囲に与えるインパクトが変わり、本人の気持ちも周囲の評価に同期す
るようです。

1)小指のない中年男性
先日、電車の社内で、前に座っている男性の服装がなんとなく周囲と比べて違和感が
あったので、どこが違うのだろうと興味をもちました。そこで足元から茶髪の頭まで
ゆっくりと眺めました。そしてよく手入れされたきれいな指が気になったのでもう一
度左手を見ました。なんと小指の第1関節以下がありませんでした。すぐ視線をずら
しました。右手も気になったので、時間をおいてチラッと見てしまいました。右手の
方もありませんでした。「どこ見てんのよ!」と毒づくお笑いタレントのような「突
っ張り感」はまったくなく、きわめて温厚な中年男性のような雰囲気です。ただし、
周囲の乗客がすぐ気がつくように故意に両手を開いて座っています。
こういう身体的特徴を持った人には、平凡なサラリーマンのようなスーツ姿は似合わ
ないと思いました。

2)社内で一人だけ蝶ネクタイを着用する人がいる会社
昨今、弊害が指摘されがちな同族会社とかワンマン経営者のいる会社にかぎってよく
目にすることがあります。それは、トップがひとりだけ蝶ネクタイを着用しているこ
とです。不思議なのは、ボスの真似をして歓心を買おうとする従業員でも蝶ネクタイ
着用は控えていることです。ボスの話し方や考え方を積極的にコピーしますが、従業
員にとってボスの特異なパフォーマンス(従業員との差別化をねらった服装など)を
真似することはタブーなのかもしれません。

3)長髪のアーティスト
クリエイティブな仕事をしている会社にいるアーティストも、クリエイティブではな
いスタッフと自分との違いを明示するために、特異な言動や服装をする人が多そうで
す。お約束のように、長髪(たまにスキンヘッド)、ひげ、指輪などで外形的にも差
別化をねらっています。電車のなかで指を開く「怖いお兄さん」のようなもので、周
囲がすぐわかるようなパフォーマンスをします。一流ホテルの従業員のようなヘアス
タイルで、ギネス登録の大型チェーン店で売っているようなビジネススーツを着たら
、たとえ優れたクリエイティブな仕事をしても、周囲はその仕事の価値に気がつかな
いことでしょう。

4)サンダル履きで飲み屋に行くのは危険です。
特異な身なりや言動は、周囲との差別化をはかる上で必須な仕掛けです。周囲の人た
ちは、本人そのものではなく、特異な身なりや言動のなかに、自分たちとは違う才能
や立場を認めているわけであります。サラリーマンが怖いお兄さんの身なりをしたら
、サラリーマンを続けていくことが難しくなってしまいます。サンダルを履いて飲み
屋に行くと、ハドメが効かなくなる恐れがあります。

◆あとがき
4月23日にエリツイン氏が亡くなりました。このときの日露両国の国営放送の報道
に関して意外に感じたことが二つあります。
1)ロシアの国営テレビ
ロシアの国営テレビ放送に、エリツィン前大統領の功績として「共産主義の独裁を打
倒し混乱からロシアを導いた」という件があります。ソ連邦が崩壊したことは覚えて
いますが、連邦が崩壊しただけで、共産主義国家としてのロシアは存続していたと思
っていました。
2)日本の国営テレビ
一方、日本の国営テレビは、米国は2人の大統領経験者をロシアに派遣すると報道し
ましたが、日本からはどのクラスの要人が国葬に参加するのかコメントしませんでし
た。他国の報道をしたときに、対する自国はどうなのかを常に意識していないようで
す。もしかしたら、東アジアの半島の独裁国家のように常時「大本営発表」もどきの
民族主義的報道姿勢を控え、強大な国家権力の存在を国民に思いださせるような話題
にはなるべく触れないようにするという、高度な政治的判断があるかもしれません。

関連記事

PAGE TOP