金言−286:団塊の世代の勘違い

4月下旬の国営テレビ放送で団塊の世代に関する番組をチラッと見て勉強になったこ
とが二つありました。

1)団塊の世代イコール四年制大卒者ではない
当時は集団就職がまだ残っている時代で、大学に進学したのは同世代の15%だった
といいます。日本経済の高度成長をリードしてきたのは15%の大卒だから「80-
20の法則」があてはまるということもできますが、日本の社会を支えてきたのは残
りの85%(大部分は中・高卒)であることも否定できません。公共放送としては、
2007年問題そして団塊の世代のマジョリティは、実は、四年制大学卒のサラリー
マンや公務員ではないということを明らかにし、何かしらの問題提起をねらったので
しょう。

番組のねらいはさておき、大卒が15%という事実が15%のマイノリティに意外な
感じを与えたはずです。いまや私企業では、年功序列の廃止、学歴偏重の是正、成果
主義の徹底、若手登用、男女機会均等などの施策により、入社時の学歴による差別化
が希薄になっています。特に45歳以上の勤労者にとって、入社前の履歴は、リスト
ラの対象から外れるとか勤務実績評価のプレミアムになるとか、そういうアドバンテ
ージには無縁の履歴であることを待遇面できっちりと知らされています。大学を卒業
した頃とはすっかり変わった雇用環境で定年を迎える団塊の世代にとって、いまさら
大卒は15%であったといわれても、それがどうしたというわけです。学歴による差
別化が話題になるのは、過去の話です。高度成長を支えてきたのは、それぞれの持ち
場でそれなりにがんばって、世のため人のために貢献してきた人たちです。その人た
ちを年齢でグループ分けすれば、団塊の世代がその1つということです。

2)全学共闘会議はロックのようなファッションだ
団塊の世代の芸能人として、東大生でもあった歌手加藤某は、当時をふりかえって、
全共闘運動をロックの集会と同じようにカッコいいファッションであり、楽しかった
とコメントしていました。運動の初期は政治的な目的を持っていたのですが、次第に
ファッションとして若者の間に浸透していったといいます。ロックコンサートと同じ
ようなノリで、全共闘運動が全国のキャンパスで展開されたと説明し、重ねて、あの
頃は楽しかったと懐かしんでいるようでした。どうやらこの人は、国際反戦デーの新
宿騒乱罪も、成田三里塚も、パリのカルチェラタンも、フランシーヌの場合も、ベト
コンと戦ったグエン・カオキも、そして、連合赤軍の総括も、すべてひっくるめて、
古き良き時代の楽しい思い出として粉飾したいようです。

3)お上のねらい
「大卒は15%」の報道には、仕掛けがありそうです。全共闘イコール大卒は、イコ
ール団塊の世代(日本経済の担い手)ではないという主張です。日本経済を支えてき
たのは、団塊の世代ですが、主役は85%の人たちということです。中央大学20億
円使途不明金に端を発した学生による大学民主化をめぐる運動(全共闘)を、メディ
アは「大学紛争」と報道し、現場にいた東大生女性歌手は、「全共闘はファッション
でロックコンサートのように楽しかった」と語っています。結局、60年70年と日
米安保条約の節目に起きたイベントは、15%の大卒が演じたのもので、団塊の世代
のマジョリティは、まじめに働いている善良な国民であるというお上のお達しと理解
しました。

◆あとがき

GWに軽井沢の大型商業施設に行きました。広大な駐車場は常時満車状態で、場内は
大変混雑し、入場規制をしている店もありました。飲食施設も長蛇の列が終日できて
いました。そのなかに一店舗だけ様子が違いました。ランチタイムでさえ昼休みをと
っているのではないかと思うほど、店内はガラガラでした。定番メニューが900円
でしたから、高くも安くも無い価格設定なのですが、ひとけがありません。
観光客相手の施設ですから、普通の対応をすれば、他店であふれたお客さんが流れ込
んでくるはずなのですが、それもありません。まるで、日本の新興株式3市場のよう
な状態で、置き去り状態でした。人気のないところには、だれも見向きもしないとい
うことです。

関連記事

  1. 筋トレ
  2. 応援
PAGE TOP