金言−284:バックシャン

「バックシャン」をウェブサイトで検索すると、
「後姿美人。実際には後姿だけが美しく、前から見れば不細工な女性を指す。
外来語ではなく日本でつくられた造語。バックは後ろ、背中。シャンはもともとショ
ーン、ドイツ語の美しいという意味で、バック・ショーンがバックシャンになった。
」とのことです。

初めてこの言葉を耳にしたのは、入社3年目で営業部門にいた頃でした。職場の若い
女性社員の後ろにまわって、2年先輩が「こいつはバックシャンだ」といいました。
当時まだセクハラという言葉が存在せず、接待や預かり金が何の問題もなかった頃で
、サラリーマンは気楽な稼業があたりまえの時代でした。バックシャンという意味も
わからず、それに、何よりも仕事が面白しろくて休日出勤が苦にならなかった青春時
代ですから、女性の後姿を楽しむような遊び心に目覚めてはいませんでした。フロン
トは見なくていい、バックだけでいいなどという枯れた心境になるには、社会人とし
てそうとうの年季が必要だと思います。

話が変な方向に行きそうですが、早朝ウォーキングで、いつも颯爽とジョギングで追
い抜いていくご婦人がいます。5時45分には帰宅されてしまうので、冬の間は暗闇
のなかで追い越され、そしていなくなっていました。4月になり日の出が早くなり、
6時前でも十分に明るくなってきました。先週、とうとう顔を見てしまいました。昔
先輩が口にしたバックシャンでした。幸運の女神には後ろ髪がないといいます。バッ
クシャンはポニーテイルなので、女神ではないのですが、元気に軽やかに走っている
後姿は素敵でした。「泣いているのか、笑っているのか、後姿の素敵なあなた」とい
う歌がありますが、まさしく「ふりむかないで」ということです。残念ながら、この
定説にも例外があるということを、いまだに路上で証明してもらっていません。

後姿を鑑賞するだけならリスクはほとんどありません。「どこ見てんのよ」と元気な
オネーチャンに脅かされることもないでしょう。実業の世界でも、前を走っている成
功者たちの背中を追いかけている間は、夢と期待で楽しい気分が味わえます。しかし
ながら、状況が変化し、前を走っている人のスピードが落ちたり、棄権したり、こち
らのスピードがあがったりして、追いついたとき、「バックシャン」の顔が見えてし
まいます。ヴィーナスに昆虫の顔がついているかもしれません。昆虫の顔だったら、
生者必滅会者定離の理、一瞥しただけでその場を走りぬけていきます。

次は自分の番です、昆虫の顔にならないように気をつけないといけません。

◆あとがき

「食い逃げされてもバイトは雇うな」というタイトルを見て、「さおだけ屋はなぜつ
ぶれないのか?」の著者の2年ぶりの書き下ろしを読みました。本文30ページに連
番管理という会計用語がありました。早速、自動発番する仕組みを帳票レイアウトに
組み込んで出力することにしました。

関連記事

  1. 触ってはいけません
PAGE TOP