金言ー835:去る者は追わず

長野盆地での18日におよぶ出張を終え、最初の週末は3連休の初日でした。
今朝は久しぶりの早朝ポタリング、30KM近く走りました、空を見上げると満月で
した。これから2週間は超回復を口実にした休養を楽しむつもりであります。

出張中に、5年前まで現役で大役をこなしてこられた方とお会いする機会がありま
した。どうしても会いたいと無理を承知でお願いし、7日後にお越しいただきまし
た。長野盆地でのオンサイトサポートにはよそ者として限界があるので、地元で長
く仕事をされてきた方に東京に戻っている間のすきまを埋めていただけないか打診
しました。

結論は、ネガティブでした。5年前ならできたといわれました。
5年前は必要はなかったというのが本音です。
瀬戸際まで追い込まれての案件ですから、先方にとっては火中の栗を拾うことにな
ります。

自分の会社でも資本関係があるわけでもないので、両足突っ込むことはないのです
が、健康寿命を引き延ばすため、また、毎日が日曜日とならないため、ボケを遅ら
せるためなど、いろいろ粉をかけましたが、期待薄すの結果となりました。手伝っ
ていただければ、こちらにとっては好都合なのですが、先方にとってはもう終わっ
たことなのであります。

去る者は追わず。
しょせん気持ちが離れてしまった人を引き留めることはかないません。

関連記事

  1. 大泉洋
PAGE TOP