金言−297:パターンプラクティス

米国ミシガン大学で開発された、言語学理論に基づく英語教授法としてかつて一世風
靡した手法で、その代表的なプラクティスが、パターンプラクティスと呼ばれるもの
です。

パターンプラクティスによる授業は、まず、先生がひとつの文章(パターン)を言い
、それを生徒がリピートするところから始まります。次に先生が単語をいい、生徒は
前の文章を指示された単語に置き換えて言います。主語をかえたり、目的語をかえた
り、疑問文にしたり、疑問文の答えにしたりして、次々に、大量の英語を発していく
手法です。機械的で退屈な授業ですが、反面、何も考えずにオーム返しに英語を流暢
に話せるような気がしてきます。

この手法の弱点は、自分で考えて言葉を選んで意思表示をするというビジネスシーン
などでは、練習どおりにスムーズに英語がでてこないことがあるということです。こ
の弱点を克服するには、あらゆる場面で通用するよう、パターンを増やし繰り返し練
習することです。いわゆる場数を踏むとか、修羅場をくぐるという経験を何回したか
ということが、結果にあらわれます。

有能な営業マンは、知らないことを知らないと正直に白状しません。知らなくても未
経験でもかまいません、相手に弱みを見せずその場をしのぐために知恵を絞り、はっ
たりをかまします。相手に手の内を見せなければ、勝算はいくらか残っています。こ
れも、場数を踏むひとつで、うまく危機を脱することができれば、それが成功パター
ンの追加となります。

パターンプラクティスをいくつ練習してきたかが、実戦での武器になります。負けそ
うになっても、自分の戦い方を崩さないことが大切です。練習していないことを、実
戦で試みて、うまくいくわけがありません。練習していない方法で勝負するのは、博
打です。

練習どおりにやったとしても、成功率100%の保証はありません。幸運の女神のご
機嫌をそこねないよう気をつけましょう。

◆あとがき

本日は、参議院議員選挙の投票日です。与党には厳しい環境でした。事務所の経費処
理にからんで、投票日直前まで現職の閣僚が、与党支持率低下をもたらす話題を提供
しました。有権者が審判を下します。野党は無得点ですが、与党が減点のため、得失
点差で与党の過半数割れが必至です。事前の予想を覆して、与野党の勢力が現状維持
となると、サプライズです。政治評論家の後講釈が楽しみです。

関連記事

  1. 同窓会
PAGE TOP