金言-1079:Far East Network

AM 810 で駐留軍放送を高校時代によく聴いていました。ヒアリングの受験勉強のためでした。
勤め人になってからは、電波の届かない地方に転居したり、欧米ビジネスパーソンと取引をしたりしていたのですっかり忘れていました。最近3時間ほどウォーキングを楽しむようになり、歩きながらラジオを聴くのもいいかもしれないと思い、FENを思い出して聞いています。ところが当時記憶にある毎正時に“eight ten”とか“Far East Network”とかの決まり文句がでてきません。AFNとなっています。何か動画サービスのCMかと思ったら、アメリカ軍放送網でした。
1997年にFENはAFNに統合されていました。
ということは少なくとも25年ご無沙汰でした。
今自分なりに穏やかに暮らしているので、25年はあっという間のことでした。
現在、体調を崩したり債務返済に苦しんだり、日々キャッシュフローに並んだりしていたり古き良き時代を反芻する余裕なんてありませんから。
何はともあれ、このままこのままと精進しています。

AFN(エイエフエヌ、英: American Forces Network、アメリカ軍放送網)は、アメリカ軍が海外に駐留または配属されている人々に提供している政府のテレビ・ラジオ放送サービスである。メリーランド州フォート・ジョージ・G・ミード基地に本部を置き、ラジオとテレビの衛星放送を含むAFNの放送業務はカリフォルニア州リバーサイドのAFN放送センター(防衛メディアセンター)から発信されている。1942年5月26日にロンドンで軍隊ラジオサービス(Armed Forces Radio Service、AFRS)として設立された。

日本では、1945年から在日米軍向けに放送されていたFEN(極東放送網、Far East Network)が1997年にAFNに統合された。

AFNの任務は海外基地在住の軍人軍属とその家族向へテレビとラジオを通した情報やエンターテイメントの提供であり、モットーはWe Bring You Home.

AFN
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia

関連記事

PAGE TOP