金言-230:経営者の意図

今朝の朝刊1面の右肩トップ記事を覚えていますか。
オーナーのワンマン経営が順風満帆で、政財界に評価されていた当時の某私企業の話
です。きっかけは何かわかりませんでしたが、ある朝、ある部門の男性社員50名
(本社ビルの男性はすべて幹部社員、女性は縁故採用)が社長室の前の廊下に並ばさ
れて、点呼をうけ、爪が伸びていないか、ネクタイはしっかり結んでいるかのチェッ
クを受けました。職場に戻ると今度は、朝礼で職場長が、朝刊の1面記事の見出しを
覚えておくように指示しました。
翌日は損益分岐点について勉強するよう指示がでました。

オーナーは週に2回本社ビルに早朝出社します。管理職の社員はその30分前には各
自デスクで待機します。時々、ヘリコプターからの甲高い声で指示を受けることもあ
ります。オーナーが発した言葉の意図を、オーナーが気に入るように解釈し実行でき
る能力を持つ人が管理職の地位を維持できる会社でのひとコマです。

ある日、社内研修がありました。先代創業者の御遺訓と現オーナーの考え方を、本社
社員に徹底するためです。講師は、先代に直接躾けられた古参幹部が順番に登場しま
した。席は指定席でした。理由はわかりませんでしたが、座るべき場所が決められて
いました。研修中、窓の外を眺めながら話を聞いていた時間がありました。そうする
と、休み時間に直属の上司に呼ばれ、「窓の外を見ていた=話を聞いていない」と叱
られました。席が決まっているので、講師は、座席表で、聞いていない社員を特定で
きました。

ある時、毎週金曜の夕方、ロビーで社員バーが始まりました。各部門が輪番制で準備
しました。飲食の費用は会費制で、翌日各職場をまわって回収しました。想像するに
各職場で取引先からもらうビール券が、この社員バーの原資になったようです。
お約束がありました、参加は自由ではなく、かつ、同じ職場でない社員のテーブルで
飲むように指示されていました。上司の悪口はオーナーの悪口に通じますので、だれ
も口にしません。オーナーならこうするにちがいないと確信して社業に励んでいる従
業員の集まりですから、会社に対する不平不満が出るわけがありません。この社員バ
ーでは、オーナーに直接叱られたこと・殴られたことなどを各自自慢する話題で小一
時間、盛り上がります。時間になると、また職場に戻り、残業です。

経営者の意図など、わかりようがありませんが、リストラもなく、給料の不満もなく
将来に不安もないりっぱな会社でした。ただし、オーナー経営者の機嫌を損ねると、
振り出しに戻されます。また、会社に疑問を感じると、職探しをしなければなりませ
ん。何はともあれ、古き良き時代でした。

関連記事

  1. ご縁
PAGE TOP