202101-21:午後から降雪の予想

去年東京は積雪がなかったような気がしますが、今年は本日午後から降雪のようです。
雪国では大雪で車が立ち往生とか新幹線が運休とか厳しい冬となっています。
小学生の頃は、登校時の道路は舗装されていなかったので、霜柱や凍結で足の指がかじかんでいたのを思い出します。教室ではダルマストーブが焚かれ、席替えでストーブの近くになると、顔が真っ赤になっていました。帰宅すると茶の間に1個火鉢がありました。何年かしてコタツになり、予備の炭をコタツの中においていました。今思えば、ずいぶん無茶なことをしていました。家族が全員そろってコタツに入るのは朝食と夕食だけだったので、それで間に合っていたのでしょう。
家は木造ですきま風がはいり、寒かったのですが、冬は寒いということでアカギレやしもやけは普通のことでした。今では考えられない環境ですが、おそらく、コロナ禍でも生き延びてきた団塊の世代はこうした環境で、コロナウイルスにでも対抗できる免疫力を養ってきました。ヒトとの接触をできるかぎり避け、過食・飲酒・喫煙を控え、筋トレやストレッチを心掛け、身の丈にあった年金生活を続けていれば、人生100年に限りなく近づいていくような雰囲気です。

2回のバブル崩壊や何回かの世界同時不況で債務超過になった人は、故堤清二さんのように、借金も財産と読み替えて、他人の褌で相撲をとる手口も残っています。

関連記事

  1. 同窓会
  2. ロビ音頭
PAGE TOP