202009-477:変わりやすい秋の空で外出自粛

秋の空模様は変わりやすいということから男心は秋の空とか、女心は秋の空ということわざが古来より伝わっています。
9月になってからの天気は秋の空です。昨日も晴れ一時土砂降りで、長時間のポタリングはできませんでした。陽がさすと熱中症対策で野外での活動を休止するよう注意報が流れ、雲がでてくると集中的な降雨と落雷です。これでは安心して長距離ライドが楽しめません。
台風一過の秋晴れ、行楽の秋というのは過去の話になったのかもしれません。コロナのおかげでヒトがいるところには近寄るのをためらいます。接近を嫌がるのはお互い様です。それでも犬の散歩は必須のようで雨が降らない限り、後期高齢者が犬と散歩しています。

早朝のポタリングはヒトと接触しないのでマスク無しです。
最近は猫が多いです。ほとんどの通りや路地で猫が道路に寝そべっています。
見ると、太った猫は少なく、ほとんどの猫はこちらの動きを監視して一定の距離より近くなると逃げ出します。2メートル弱の塀なら駆け上がります。
ところが、時々ヒトが近づいても逃げないのがいます。だいたい痩せています。きっと野良猫で定期的な飲食の機会に恵まれていないのか、持病が悪化して弱っていて、警戒心を捨て通りすがりにヒトに助けを期待しているような感じです。
でも痩せた野良猫に接触するのは何かしら感染しそうな不安があります。

関連記事

  1. バカッター
  2. 声かけ
PAGE TOP