202006-301:テレワーク無期限延長

アフターコロナになると、勤め人の職場環境はかなり変わりそうです。
リモートワークにシフトしても社業遂行に問題がないとわかった企業はウィズコロナの感染対策を延長します。

リモートワークにする会社のメリット
1) 通勤手当がなくなる
2) オフィスが不要、デスクが不要、水道高熱費が削減される
3) 喫煙する従業員による失火リスクとニコチンで建物の汚れ、受動喫煙被害、喫煙による業務放棄がなくなる
4) 職場内のパワハラ・セクハラのトラブルが減る
5) 遅刻やサボりがなくなる
6) 異動による転勤がなくなり引っ越しなどのコストがなくなる
7) 目標管理・予算管理・人事管理がオンラインで処理できる

勤め人にとってのメリット
1) 通勤ラッシュがなくなる
2) 必要経費に計上できないスーツや靴などの買い替えが減る
3) 職場付き合いの飲み会が著しく減る
4) 物理的なパワハラ・セクハラがさけられる

デメリットもたくさんあるでしょうが、属人的な問題が多そうです。

コロナをきっかけに変わる働き方。カルビーは、来月からテレワークを無期限で延長し、単身赴任もなくします。
カルビーは来月以降、オフィスで働くおよそ800人の働き方を原則として、「出社勤務」から「テレワーク」に変更します。これに伴い、業務に支障がないと認められた場合は、単身赴任をやめて家族と同居できるようになるということです。また、通勤の定期代の支給をやめて、出社する場合は交通費を実費で支給します。
社員のアンケートで「コロナ感染症の拡大前の働き方を変えたい」と答えた人が回答者の6割に上るなど、社員の意識が変化したということです。

カルビー、無期限テレワーク 単身赴任やめ家族と同居OK

関連記事

  1. ハーレー
  2. めだかと金魚
  3. ハーフ
  4. 登山
PAGE TOP