金言−818:勝てなかった相手に勝てるようになった理由

苦戦はしても負けるとは思わなかった闘いに負けたとき、やるだけのことはやった
のだから悔いはないといえるでしょうか。
多国間のスポーツ競技の祭典は、参加することに意義があるというのはもうだれも
いわなくなりました。
参加国は自国の威信と文化をかけ、アスリートは命がけで戦います。

最近我が国は卓球でレッドチャイナに勝っています。長い間、どうしても勝てなか
った相手です。自分なりの経験でも、学生時代に中国からの留学生に卓球で4年間1
ゲームもとることができませんでした。我が国が卓球王国と言われたのは、東洋の
魔女と言われた女子バレーチームの金メダルの前後のことだったかもしれません。

思うに、レッドチャイナは国策として、卓球で一番をとることから、別の分野で一
番をとることに軸足を変えてきているようです。

我が国が対米戦争に負けてしばらくの間は、米軍占領下の日本製品は廉価なコピー
商品でした。それが高品質高価格ブランドに成長しました。今、何かしらの転換が
起きているのかもしれません。

卓球は日本、高品質な家電は中国製となる日がやってくるのかもしれません。

関連記事

  1. 春彼岸
PAGE TOP