金言-169:ご遺訓

昔ばなしの続きです。
1)出勤時間
就業規則によると始業は午前10時でした。女子社員は9時30分に出社して全員の
机を雑巾がけし(机の上には電話機以外の物は存在していませんので拭き掃除は簡単
です)、10時に男子社員にそれぞれの茶碗でお茶を出します。一方、男子社員の出
退勤はオーナーの執務時間と場所に連動します。週の初めは、7時に出社されること
が多いので、職場長クラスはその30分前にはデスクにて待機しています。月曜と火
曜は8時から各部門は会議をします。そして10時からデスクワークが始まります。
余談ですが、女子は縁故採用なので花嫁修業みたいなものです。お茶だしとコピー以
上の責任ある仕事はさせません。ミスをした場合に本人の縁故者が責めを負うことに
なりますので。ただし、勤怠は厳しくしつけます。始業30分前には制服に着替えて
いることが期待されます。

2)社内放送
週1回、社内放送で当番の社員が与えられた原稿を読みあげます。全社員は起立して
拝聴しスピーカーから流れる合図で朝のあいさつをします。毎月、故会長の命日の日
には故会長のご遺訓に従い社業に専念することをお誓いし黙祷します。

3)鐘撞き当番
毎晩、社員が当直して故会長の墓掃除をし、定時に定数回の鐘を撞きます。鐘撞きは
時間と回数を間違えないように注意します。間違えると、近隣の住民からお叱りの電
話が入ります。(事前に小石を撞く回数分並べて、ひとつ撞いたら小石をひとつ移す
という風にやれば間違えないと先輩が教えてくれます)夕方から翌朝まで3人の社員
が当直しますが、この3人はグループ会社からばらばらに召集され、かつ生前の故会
長を知る古参社員が必ず1人含まれ、夜を徹して故会長を知らない世代に口伝します
。当直する施設にはアルバムがあり、昔の写真を見ながら、故会長を偲びます。この
当直に呼ばれる社員は男性の幹部社員と幹部候補だけなので2年に1回ぐらいまわっ
てきます。

4)ご遺訓
故会長のご遺訓が何であれ、それを実現しているのは後継者である2代目オーナーな
ので、2代目の指示に従うことがすなわちご遺訓に従って社業にはげむことになりま
す。東アジアの半島に残存する圧政国家の支配構造に似ているところがあります。2
代目の指示を現場で受けた担当者(オーナーから直接指示を受けた社員)は、社長指
示事項として報告書をまとめグループ内の主要企業の主要職場長に回覧します。指示
はオーナーの発した言葉どおりに記録され、その内容をどのように理解して実施した
かを報告し、類似案件での各事業所の対応の参考とします。ただし、君子は豹変しま
すので、朝礼暮改になるような矛盾も発生します。社内の法律は都度書き換えられま
すので、事業展開にまったく支障はありません。しかしながら、社長指示事項という
情報開示は入手した各職場長がネックとなりますので、職場により開示内容に格差が
生じます。限られた情報しか開示されない職場では、意思決定の過程が全く知らされ
ないので、一般社員にとってオーナーは雲上人であります。

この会社の企業風土はこうして育成されてきました。
その後、この会社とオーナーがどうなったかということは、それはまた別の話です。

◆あとがき

今朝テレビの特番でホリエモンが出演し、某ラジオ局の株式購入の考えかたを司会者
の質問に答えるかたちで話していました。同席した某評論家が質問したのですが、こ
の人はご自分の結論に誘導するようなやり取りをしたので、この評論家の株が下がっ
たことでしょう。ホリエモンは年長者の陳腐な質問に辛抱強く応えていました。個人
投資家の視線がありますので、ネクタイは着用していませんが紳士的に応えているよ
うに見えました。

自分の金を使って投資をしている人と、リスクを負わずコメントだけしている評論家
との違いがはっきりしました。あのラジオ局の株価はまだまだ上がりそうな気がしま
した。さすが、ホリエモン、個人投資家に買い意欲を持たせたわけです。

関連記事

  1. アプリ
PAGE TOP