金言−792:1番じゃなければ

お正月の定番、箱根駅伝は青山学院が3連覇、圧倒的な力を示しました。
青山学院のOBの皆さんは今年も心地よい正月をお過ごしのことと思います。
昔は、高校の体育会系の課外活動は、難関校受験をしない生徒の活躍の場でしたが
、昨今は少し違うようです。文武両道なのでしょうか、知能テストの成績も体力テ
ストの成績も両方トップクラスにいる生徒が増えています。それに容姿も加わりま
す。容姿を問わないコンテストで表彰される上位クラスの人たちの写真映りがいい
のです。まさに、美しい人が美しいものを作る時代になってきました。
そうでない人はそれなりに。
これは不平等だと納得しない人もいます。
おそらく、そういうことをいう人は物心ついたときから不平等な現実を味わってき
たにちがいありません。
箱根駅伝でも、記録を更新したり順位を上げた選手は、たすきを渡した後に力尽き
て倒れこんだりはしません。勝者はいつも余力をみせます。圧倒的な戦闘能力を発
揮して勝ったことを示します。
勝てなかったアスリートはゴールで倒れこみます、ペース配分を誤りゴールに到達
するまえに燃え尽きてしまったわけです。
情けないというよりは、仕方ない現実です。
下位集団で笑顔で余裕をもってゴールし、参加することに意義があるとかゲームを
楽しむとかいう優勝に絡まないアスリートに次の出番は回ってきません。何をする
にもカネがかかります、その調達額はアスリートの戦闘能力と過去実績次第です。
1番じゃなければ、スポンサーがあつまりません。

関連記事

  1. ギャザリングテーブルパントリー
PAGE TOP