金言−721:100万円以上の損失

盗作疑惑で話題提供中の東京五輪マークのデザイナーには、制作料として100万円
が支払われるそうです。ただし、著作権買取なので、今後盗作疑惑が話題性を失い
そのままいろいろなところで使用されても、使用料は五輪主催者が手にします。
一方、盗作疑惑に持ちこたえることができず、競技場と同様マークやり直しとなる
と、このデザイナーは100万円以上の損失を被ることになります。
スポーツイベントでは、各種プロモーションに関連して巨額の費用が使われます。
主催者は、スポンサーから集めた軍資金をすべて期間中に使い切ります。
ピーター・ユベロスがロス五輪で商業化に成功して以来、オリンピックは儲かる商
売として人気になりました。高額なスポンサー料、サプライヤー、放映権、肖像権
など金に換わるものはすべて売りにだされます。
オリンピック開催のためにインフラが整備され、国民が恩恵を享受できた昔と違い
商業化が確立した昨今では、五輪の名目で税が湯水のように使われることに納税
者が疑問に感じています。富国強兵の効果を期待できそうにありませんから。

関連記事

  1. 健康寿命
PAGE TOP