金言−692:ちょっと居眠りをしている間に

「転居の通知」が届きました、「通知」という文字には少し違和感を覚えます。
民間での転居の連絡は、「お知らせ」が適切かと思います。
無礼な葉書と一瞬気持ちが高揚しましたが、そのことは差出人には教えてあげませ
ん。ご自分で長い時間をかけて学習すればいいことですから。
「転居通知」にも、相手との関係にそったものが求められて実践されてきました。
普通の慣習として、いままではそうでした。これから先は、そうではないのかもし
れません。
ランチの後に居眠りをしている間に、年長組は年少組から「通知」を受け、気が向
いたら新居に立ち寄るよう指示を受ける、そういう立場に変わったのでしょう。
ふとカレンダをみたら1月が終わり、2月になっています。
この1か月、風邪もひかず、体調を崩すことなく穏やかに暮らしてきたことを、周
囲の皆さまのおかげと感謝することを忘れないよう、今月も暮らしてまいりたいと
考えます。

関連記事

  1. 増税
PAGE TOP