金言−655:次に目覚める朝

SFドラマで、いつ来るかわからない特定の使命を持った人間を、その日がくるまで
冷凍保存して待機させるという話がありました。そしてメンテナンスのために1年
に1日だけ蘇生させます。
目覚めた本人は前回の記憶が残っています。ドラマではこのメンテナンスを100回
繰り返している設定です。蘇生させたチームにとって、100年経過していますが本
人は100回目の朝を迎えたということで100日ということになります。
毎晩眠りに落ちて、翌朝目が覚めるまで、周囲の人にとっての時間でどのぐらい経
過しているのか、それが自分の時間と同じではないような気がしてきました。
何はともあれ、楽しい気持ち・穏やかな気分で就寝したほうが、次に目覚める朝を
快適に迎えることができそうです。

関連記事

  1. サンドウィッチマン
PAGE TOP