金言−627:咳払いする男の何かしらのアピール

大阪堺筋本町のオフィスで働いていたとき、1年早く入社した年長者がいました。

この男は、9:30AM定時に、9:40過ぎに毎朝出社してきました。そしてデスク
につくと、必ず咳払いを1回しました。4年ほど同じ部屋で仕事をしましたが、この
咳払いは最後まで途切れることはありませんでした。

当方は前職での社員教育のおかげで、遅くとも始業30分前にはデスクにつくよう習
慣づけられていましたので、毎朝この男の咳払いで、一息つきました。

当時は30平米程度の部屋をパーテーションで仕切ってこの男と共用し、顔を見るこ
とはなくても、朝は咳払いで出社を確認しました。

外資で互いにボスが違うので、上下関係も共同作業もなく、ライバルでもバディで
もない、たまたま同じ会社の従業員という関係でした。週に1回の全体会議で顔を
見るという極めて淡泊な関係で、顔を合わせない日が多かったような気がします。

事務担当者も別々だったので、朝の咳払い以外に接触はほとんどありませんでした
。互いに相手の仕事に干渉しないので、すべて自分で意思決定し、その結果につい
ては他人は責めを負わないので、いわゆる100%自己責任の環境で、一見快適な
仕事場でした。もちろん外資ですから、毎日が鉄火場でした、失敗すれば段ボール
箱に私物をいれて退場です。マンション・車・スポーツクラブの会員権など貸与さ
れたモノは即日返却手続きが開始されます。

たまに不快になったのは、始業定時過ぎにのこのこ出勤してきて、デスクにつくと
まず咳払いするこの男の何かしらのアピールでした。

関連記事

  1. リスクヘッジ
PAGE TOP