金言−563:広尾の清水さんと青山の田中さん

東京の広尾にあるマンションの大家さんと、青山にあるマンションの大家さんがよ
く当時の職場に遊びにきてくれました。なにしろ、大家さんたちは、今日は何をし
て暮らそうかと朝から悩んでいる人たちですから、何かのきっかけで気にいると、
毎日お誘いがかかります。会社の駐車場に赤いフェアレディがあると、お二人が現
れ、ランチとなりました。

広尾のマンションの大家さんは、audiに乗っていてお仲間から「アキラ」とよばれ
ていました。青山のマンションは田中さんで、淡いグリーンのキャデラックに乗っ
ていました。
六本木・赤坂あたりでおいしい酒を飲み、高輪にあった戸建ての古稀殿で好物の五
目堅焼きそばを食べ、仲間とラジコンヘリの話をするとき、「いいですな」と何回
も口にされました。「幸せだな」と本人が感じたとき、「いいですな」という言葉
がでてきました。水野晴郎さんなら「映画って本当に素晴らしいですね」というで
しょうね。

清水健太郎は、「雀鬼」のシーンで「いいよ」といいます。仲間が持ち込んでくる
無理難題を、「いいよ」と二つ返事で快諾します。そして一か八かの勝負では、楽
しくなければだめだといいます。ハイリスク・ハイリターンの案件を、楽しんでこ
なすところに、「いいよ」という一言がうらやましく聞こえてきます。

明さんは、相手を受け入れているときに、「いいですな」と相槌をうちました。仲
間が何かをするとき、自分の肯定的な気持ちを「いいですな」で表現します。

振り返ると、何かをするとき、いつも「いいですな」とやさしく背中を押されてき
たような気がします。これでもかと次々に発生する困難な状況に直面したとき、楽
しくしのげるように、これからもそしていつまでも、「いいですな」と、やさしく
つぶやきたいものです。

関連記事

  1. ギャザリングテーブルパントリー
PAGE TOP