金言−502:圧倒的な優位性が理解できない人

工務店の社長がある日、社員にやりたくないことを聞きました。
社員は、いいました。
「頭を下げる営業がしたくない」
「売り込みをしたくない」

そこで社長は、「売り込みをしなくてよい」と言いました。

「それでは売上がなくなります」という社員に、社長は「オンリーワンの会社にな
ればいい。売ってほしいとお客さまが頼みにくるシステムをつくればいい」と教え
てあげました。

この会社は2年後に地域ナンバーワンの会社になりました。

台湾人系で日本国籍を持つ国会議員は、NO2でもいいじゃないかと公言し、かっ
とした技術者がその後削減された予算でNO1を獲得しました。

NO1でしかできない仕事は、NO1になったことがない人には想像できません。
NO2でもNO1と同じ仕事ができますが、その質と量に差があります。

荷物を運ぶトラックに例えると、ダンプカーと軽トラックの積載量の差が、1位と
2位に間にはありそうです。空手の有段者の間で、上段者の蹴りは下段者には見え
ないといいます。

この圧倒的な優位性が理解できない人には、軽トラックでの小口配送の仕事しかま
わってきません。

関連記事

  1. なるほど
  2. 般若心経
PAGE TOP