金言−479:無限の可能性から有限の選択肢への移行

つい最近まで、「可能性→無限」「未来→無限」を疑わずに暮らしてきました。

ふと気がつきました。

無限の可能性というのは、案件なり課題に対処するときに時間と選択肢が無限にあ
る環境をいうのではないかということです。近頃では、やっと知恵がついたという
か、リスク優先のためというか、物事に対して考えられる選択肢は限定的であるこ
とがわかってきました。

結果がどうなるかは、やってみなければわからないというのは営業マンの定型的な
理屈です。手持ちの限られた原資(ヒトモノカネと時間)を使って、いかに損をし
ないように取引するかという場合に、選択できる策は有限で限定的です。お上の組
織なら前例主義にのっとり選択肢は前例の範囲内にとどまります。

流行りの「断捨離」風手口を使うと、さらに選択肢は少なくなります。あれもこれ
もではなくて、これは必要かという秤にかけるので、ますますスリムになっていき
ます。

結局、無限の可能性というオーバースペックをやめて、自分にとって必要なスペッ
クに絞り込んでいくという暮らし方は間違ってはいないような気がしてきました。

関連記事

  1. 宝くじ
PAGE TOP