金言−456:私なりの古戦場

父の時代は、欧米と命をかけて戦争をしました。
その子どもの世代は、欧米それに中国と経済戦争をしてきました。父は国家の命令
で戦場に行きました。子は、自己責任で欧米企業との商戦に参加しました。

中国大陸の漢民族にとって、日本がアジアでリーダーであったのは4~5千年の歴
史のなかでほんのひと時のことです。日本は1対12の圧倒的劣勢の立場で、奮闘
努力をしてきました。父の世代がブルドーザーで所得倍増をはたし、右肩上がりに
経済復興をなしとげました。子の世代は経済戦争でまた負けてしまいました。バブ
ル崩壊後の10数年はまさに子の世代の連敗の歴史です。もし次があるなら、団塊
の世代の子どもたちの出番です。父と子が負けた相手と孫の世代が今度は情報工学
の分野で戦うことになります。

父が負けた相手と戦った欧米のビジネスフィールドは、今では懐かしい古戦場とな
っています。ドイツ語なまりの英語、関西なまりの日本語などは、今でも耳にする
たびにあの頃の修羅場を思いださせてくれます。辛いエピソードと同じ量の楽しい
想い出があったはずですが、私なりの古戦場で浮かんでくるのはネガティブなシー
ンばかりです。しかしながら、これは幸運の女神が、「次は勝つ」ためのエネルギ
ー源として与えてくれたものにちがいありません。

関連記事

  1. 命を守る
PAGE TOP