金言−278:成敗!

昔の絵本は、勧善懲悪が徹底していました。悪者は、必ず成敗されました。最近は、
悪者と善意の被害者は最後に仲良くなって「めでたし、めでたし」となります。昔は
、鬼が悪さをしたら、抹殺または追放しました。今は、鬼が悪さをしたら、鬼が謝っ
て、執行猶予となります。清濁あわせ呑むしぶとい政治家たちの落とし処のようなも
のです。

国営放送の社会派ドラマが似たような展開をします。あたかも客観的に、問題提起を
するのは得意ですが、その後が続きません。結局現状をなるべく変更しないですむよ
うに、当事者の気持ちの持ち方を変えることで「一件落着、まずはめでたし」といっ
たところです。
民放の暴れん坊将軍は、「余の顔を見忘れたか」に続き、必ず腹を切れと極刑を宣告
し、幕臣が歯向かうと側近に成敗させます。水戸のご老公様は、悪者に体罰は与えま
すが、裁きません。執行責任者を厳重注意し、現状の支配体制を維持できるような方
向で処理できるよう配慮します。

当世、お役所の役人の飲酒運転による交通事故がなくならないのは、悪さをした役人
の首を行政当局が切り落とさないからです。民間企業なら、就業規則違反、会社の名
誉を傷つけたという程度の理由で即解雇にしてしまいます。公務員が、身分保障を理
由に解雇を免れるというのは世の中の流れに遅れていますが、強権をもって部下を成
敗する徳川将軍家のような行政当局の責任者はいません。

それでも、役人天国は過去のものになりつつあります。昔は当然みんなで楽しめた特
権が激減しています。民間サラリーマンの「接待・会議費」と同じ運命です。区役所
で市民が窓口で声を荒げると、カウンターに立つ公務員は後ろの同僚上司の視線を感
じます。身内の公務員の処分には大義名分が必要です。市民を怒らせると、自分の経
歴に傷がつくことを心配する前に、目先の配置転換を恐れます。たとえ窓口で爆発し
なくても、本庁あてに市民からEメールが送られると、現場で調整なり言い訳ができ
ず、市民を怒らせた担当者は、本店の意向で配置転換となるケースが増えると予想さ
れます。

税金を払う者と、徴収する税金で暮らしている役人の力関係が少しずつ変わってきま
した。それでもまだ社会保険庁の現場では目の前に迫っている危機を無視して居眠り
している人が多そうです。先日、社会保険事務所に出向くと、粗末な折りたたみ椅子
に座った市民の話を立派な肘掛椅子に座った役人が聞いている光景を目撃しました。
市民から預かった金をハンドリングしているだけの役人の一部は、あたかも自分たち
の金を住民に支給していると錯覚しているようです。このようなことがいつまでも続
くわけがありません。物を言わなかった国民は、これからはインターネットを活用し
て、明確な意思表示をし始めるかもしれません。役所の現場責任者の成敗が日常とな
る社会が出現するかもしれません。

◆あとがき

中学の頃から、いろいろな万年筆を使ってきました。壊れたり紛失したりすることが
めったにないので、コレクションが増えています。この頃は、同時に複数の万年筆の
使用をやめ、インクが切れたら、ペン先を洗って休ませ、次の番の万年筆にインクカ
ートリッジを挿入して使うというローテーションを組んでいます。
最近万年筆のインクの減りが早いのですが、これは湿度が低くて字を書く量より自然
乾燥の量が多いためと思っていました。万年筆を分解したらインクが漏れていること
に気がつきました。その原因は、P社の万年筆にS社のカートリックを挿入したため
でした。
いままで経験したことがないうっかりです。いわゆるボケに後ろから肩をたたかれた
気分です。

関連記事

PAGE TOP