金言-51:儲かる仕事

1)オーナー: 押し込みで実績を残しているIT企業の営業パーソン

2)東アジアの半島の首都にて聞いた話。京都の糸偏企業の経営者に息子が聞きました。
「お父さん、儲かる仕事を教えてください」
父が息子を叱りました。
「馬鹿を言うな。世の中に儲かる仕事などない。」
「儲かっている会社と儲かっていない会社があるだけだ。」

3)コラボレーションだから、儲かっている企業を見つけ、一緒に仕事をすることです。勢いのある会社には、人、モノ、かねと情報が集まります。運のいい人がいれば、良運にあやかりたいと人が集まります。

◆あとがき
SM的な痛みをともなう政策より、レーガン政権のように、楽観的な姿勢による国民の消費意欲を育む方が、いいかも知れないと英国の評論家が言ったそうです。どうせ金を使うなら気持ちよく使いたいという点で納得します。

関連記事

  1. 金言 サボリーマン画像
PAGE TOP