金言−367:訛り懐かし

若い頃は、何かにつけて反省し、このままではいけない、もっとがんばらなくては
いけないと考え実行することが多かったような気がします。これが経年変化により
、近頃では、何かにつけて「懐かしい」と感じる機会が増えました。

小学生の頃行った、富士市の母の実家を懐かしく思いだします。駅前の線路際に家
があったので、貨物車の連結する音、製紙工場の臭い、そして柔らかい静岡の訛り
、この3つが懐かしさを呼び起こします。横浜に生まれ育ち、あまり地方の訛りに
触れる機会がなかったので、小学生の頃は、普段普通に話している母が田舎では、

耳慣れないイントネーション、意味不明の単語を使うのが不思議でした。

90年代に外資企業に転職して欧米に毎月のように出張していた頃、行く先々で出
会う日本人の過半数が関西訛りであることが不思議でした。スポーツ用品業界にい
たためかもしれません。日本の3大スポーツ用品メーカーや大手商社などが総て関
西本社で、周りに関西出身者が多かったことが、過半数の主な理由でしょうが、そ
れにしても、関西の人たちの目立つ自己PRのおかげで、いたるところでお仲間と
仕事をすることになりました。パリの和食屋、ニューヨークのラーメン屋など日本
人がよく行く飲食店でも、関西風が日本人の機軸言語のようでした。もちろん、本
職のスポーツ業界でも各社幹部の人たちの機軸言語は関西風でした。当時は、グロ
ーバルな商品が一地方の民芸品のように売られているような違和感を覚えましたが
、今となっては、懐かしい商売上の1コマです。

IT業界に転職してときも、同様な感じでした。米国発の最新技術が日本語化され
ずにカタカナで日本市場に紹介されます。この場合も、半数近い技術者が関西風の
日本語を使っていました。東北にも関東にも九州にもそれぞれの訛りがありますが
、東京ではそれらの訛りを公の場、多数が集まる場で使う人は少数派で、ほとんど
耳にする機会はありません。関西の人たちだけが、くせのあるアクセントやイント
ネーションをつけて米国発の先端技術をカタカタとローマ字の短縮文字を使って紹
介してくれます。IT技術は、民芸品の一部かよと、再び違和感を覚えました。今
となっては、懐かしい異業種の1コマです。

話がとびますが、南仏でテニスラケット販売の国際会議に出席した際、同じアジア
人ということでインドネシアの中国系ビジネスマンと行動を共にする機会がありま
した。普段彼は、育ちのよさと高学歴がわかるきれいな英語を話していました。と
ころが、会議の席上、質疑応答の場面で20カ国以上の出席者を前にしたとき、彼
の英語は中国風でした。後にそのことを本人に尋ねたところ、緊張したためだと説
明してくれました。余裕のあるときは普段使わない教科書的な話し方をしますが、
咄嗟に口にする言葉とか、緊張したり重要なことを表現したりするときは普段使っ
ている言葉がでてくるそうです。

貨物列車が連結するときの音、製紙工場の異臭、そしてやわらかい地方の訛り。
そのひとつにでも触れるとき、懐かしさがふわりと浮かんできます。
トヨタレンタカーの受付でベテラン従業員に「XXXでよろしかったですか。」と
いわれても「まあ、いいか」と許してしまいます。

関連記事

  1. 春彼岸
PAGE TOP