金言−342:のれんにあぐらをかいていました

2008年5月28日、80年の老舗料亭「船場吉兆」が廃業しました。負債は9億円で従業
員80人を解雇し、破産手続きを開始しました。

昨年10月に発覚した食材産地偽造で休業に追い込まれましたが、今年1月21日
に営業再開しました。ようやく回復の兆しが見え始めた矢先に、ネガティブサプラ
イズがありました。お客さまの食べ残しの使いまわしを1994年から昨年まで続
けていたそうです。残飯を再加熱や盛りなおしなどをして末席の客に出していたと
いいます。末席は接待役が座ることが多いと思いますが、料理代金支払い者は、老
舗料亭が配膳する残飯を不当に高額な料金を払って食べていたわけです。

前の客の食べ残しの使いまわしが発覚した5月7日から、予約は激減し、営業継続
が困難になりました。接待で使ってきた常連客は、残飯を食べさせられてきたので
すから、払い戻しを請求したいくらいで、女将に泣きつかれたからといって勘弁し
てやるわけにはいかないでしょう。創業者が一代かけて築いた信用を無に帰した実
の娘は「のれんにあぐらをかいていました」と泣いてわびました。一夜でブランド
と経営資産を失うことになりましたが、その原因は一夜で作ったものではありませ
ん。のれんわけで創業してまもなく、事業拡大で発生した債務を返済するために行
った不当な営業行為のつけがまわってきたのです。

不祥事が発覚し世間の信用を失い人気がなくなった店を、それでも利用しようとす
るのは、トレンドに逆行して投資する逆張りに似ています。だれも見向きもしない
ボロ株を買い集めて将来の大化けに賭けるわけです。これは投資ではなく博打に近
い投機行為です。

会社の経営判断には無縁な従業員が起こしたのと違い、経営者が主導して犯した不
法行為は、経営者本人を退場させない限り、市場は業務内容是正の可能性を認めま
せん。システム開発の現場では、赤字プロジェクトをだしたプロジェクトリーダー
は、懲りずのまたやる可能性が高いと考えます。赤字プロジェクトを精査し深く反
省したとしても、本人の基本的なマネージメント手法がそれほど変わることはない
のですから、同じ状況になれば同じような結果になりかねません。徹底した成果主
義を採用すると、一回でも損失を計上した担当責任者に再挑戦の機会を与えること
はリスクと考えます。

負けたことのないビジネスエリートは打たれ弱いので、多くの負けを経験している
「しぶとい」ベテランを好む経営者もいます。しかしながら、負けが多い人はその
意思決定過程に隠れた瑕疵があるから負けが多いのかもしれません。投資家は、不
敗のエリートは負けない選択と意思決定ができる人だから勝ち続けると評価するの
かもしれません。

関連記事

  1. 神輿を担ぐ
PAGE TOP