金言-235:神の名前

ITバブル期、某ソフトウェア会社(SIer)の1例をご紹介します。
この会社は親会社が2つありそれぞれの会社から代表取締役が送り込まれますので、
経営責任の所在は明確になっていました。

違和感があったのは、従業員が代表取締役社長と代表取締役副社長を呼ぶ際に、肩書
きに苗字をつけて個人を特定していたことです。通常、社長と副社長は各1名なので
、その方々を特定するための「肩書に氏を加える」ことはしません。(社内で、さら
に幹部社員の会議の席で、経営者に向かって、例えば吉野社長・坂本副社長とはいわ
ないでしょう)
同じ肩書きが複数存在する場合は、姓名を加えて区別する必要がありますが、各1名
の社長と副社長に対して、吉野社長・坂本副社長と呼ぶのです。

全盛期の某同族会社では、オーナーの姓名を口にする従業員は本社にはいませんでし
た。直系構成員は、オーナーとか大将と呼びました。新入りの社員に、先輩が口頭で
経営者の呼び方を教えます。ダ・ヴィンチ・コードが言及する特定宗教でも同様なこ
とがありました。神の姓名を人間が口にすることを禁じたため、人間は神の名を忘れ
てしまったそうです。

話をもどして、この会社の次のような状況が、経営者の呼称に影響を与えたものと推
定します。

1)経営者は、親会社からの派遣で、任期が短い。すぐ替わるので氏名で特定してお
く必要がある。
2)重要な経営判断は、両親会社間の調整で決定される。
3)実質的な人事権は親会社がもっている。
4)従業員にとって、社長・副社長とは親会社の経営者のことで、出向先である現在
の職場の経営者のことではない。

上記のような理由で、親会社から出向してきた幹部社員は、子会社の経営者を苗字+
タイトルで呼ぶようにしていたのでしょう。

さらに意思決定の過程にもこの企業風土が影響を及ぼします。
経営者は、重要案件・要注意案件については経営会議で徹底的に議論し、意思決定は
、閣議のように、全会一致でします。代表取締役の強権執行も一任もありません。幹
部社員はいずれもどる親会社で用意されるポストが、期待はずれにならないよう、悪
い結果を残さないように、できることは何でもやります。
一方、経営者は、幹部社員にあとで取り消されることがないよう、全員にきっちりと
コミットメントを求めていたのかもしれません。

◆あとがき

いまだに、気になっていることがあります。
夢の中での話しなのですが、ひとつは、子供の頃に手伝ったタバコ屋の店番のことで
す。たまに実家に帰り、タバコの値段を忘れているのに店番をして、ハイライトやセ
ブンスターの値段がわからず困っているシーンです。(自販機がでまわるまで、店頭
のショーケースのタバコには値札がついていませんでした)
もうひとつの悩みは、新学期が始まるのに登録するクラスが決まらず、あわてている
シーンと、卒業するというのにまだ就職先がしぼれていないというシーンです。

今では、孫が悩むようなことなのに、まだ夢のなかでは、何かをしなければと焦燥感
を抱いています。目が覚めると、またかということなのですが、最近はまたかという
シーンまで夢のなかに取り込まれているようです。夢の中では、まだ、やり直せる若
さがあります。

関連記事

  1. みやぞん
PAGE TOP