金言−806:スクラップブック

新聞記事を切り抜いてスクラップブックに貼るという昔ながらの情報収集は今どう
なっているのでしょう。まだやっている人もいるでしょう。
15年ほどお世話になった会社では、広報課が毎朝全紙チェックして切り抜きをして
いました。
毎朝のテレビのトークショーでやっている新聞記事の紹介と同じ作業です。そして
休日は、平社員が4人ずつ当番制で広報支援の切り抜きをするために朝一番で出社
しました。作業は1時間ほどで終わります。もちろん、休日出勤手当は支給されま
せんでしたが、切り抜きが漏れると、通常業務同様、厳しいお仕置きが待っていま
した。
米国のドラマでは、新聞の切り抜きは、壁にピン止めしたり、キャンディーの缶に
写真と一緒に保管されたりしているシーンがよくでてきます。紙媒体をスキャンし
てPDFにするデバイスを買い利用していました。紙媒体の新聞や雑誌を読まなくな
ってもう10年近くになりますので、すっかり切り抜きとはご縁がなくなりました。
今は、ウェブでページをクリップして象さんマークのアプリに張り付けています。
余談ですが象はとても記憶力がいい動物とのことです。西洋の諺(ことわざ)で
Elephants never forget」があるということでこのアプリのロゴになっているそう
です。ヒトの記憶力には勝てないはずですが、ある特定のモノ・事について生涯忘
れないということかもしれません。ヒトは、どんなに辛いことでも事象によっては
記憶が風化し、すっかり忘れてしまいます。何かをきっかけにして、忘れていた記
憶がよみがえることがあります。そのときは、嫌な味を反芻することになります。

関連記事

  1. リスクヘッジ
PAGE TOP