金言−577:非常時のファイナルアンサー

大学生の頃、赤線Zの先輩から学んだこと。
「攻めるときは、壁の厚いところを狙う。守りの手薄なところとか、弱い部分を攻
めて突破するのは、物取りにしか過ぎない。全力で最も厚い壁にぶつかり突き破る
。これが攻めるということだ。ノーマークで漁夫の利を得ることを嫌う。」

昨今の株屋さんの言葉を使えば、「ハイリスク・ハイリターン、ローリスク・ロー
リターン」となるのでしょう。しかしながら、これは平常時の戦術です。余裕がな
くなるとリスク優先になりローリスクでハイリターンを期待し始めます。一発逆転
狙いの戦術は玉砕になるので論外です。

結局、この先輩も玉砕前に手薄なところを攻めて帳尻を合わせました。
何はともあれ、非常時のファイナルアンサーに自分なりの美学を持ち込めば、シナ
リオが崩れた場合にロスカットがしやすいような気がします。

関連記事

  1. 大泉洋
PAGE TOP