金言−519:小が大を兼ねるとは考えにくい

小さく始めて大きく育てるのはベンチャー企業のお約束の仕掛けです。
レアケースですが、小が大を喰うということもあります。最近では太平洋戦争で日
本を占領して以来常勝の米国に対して、女子サッカーチームが圧倒的優位性を誇る
米国チームを決勝戦で見事に完勝した事例があります。

福島原発事故で連日ワイドショーを展開した保安院の理科系エリート官僚風にいえ
ば、「可能性が無いとはいえない」ということでしょうか。世の中、先行き絶対と
いうことがない以上、可能性皆無とは絶対にいえません。したがって、営業マン風
にいえば何でもありなのですが、それでも、経験則から推量すると、小が大を兼ね
るとは考えにくいことであります。

ホテルの話です。
東京の1000室以上ある大手ホテルでフロント係を経験したホテルマンは、10
0人程度のお客様が同時に到着してフロントカウンターに列を作ったとしても、動
じません。ルーティーンワークで淡々とレジストレーションをこなしていきます。

一方、50室程度のホテルでは、従業員は部門を超えて複雑な業務を器用にこなし
ますが、短時間に100人をさばく瞬発力は、期待できません。何しろ未知の領域
でやったことがないことを、本番で任せるわけにはまいりません。

同様に、大きなビジネスをするときには、小さなビジネスしか経験したことのない
人たちには舞台から降りていただきます。小さな入れ物には、大きな獲物は入りま
せんから。

関連記事

  1. スクワット
PAGE TOP