金言−685:喜寿のお祝い

若い頃9年間ほどお世話になった上司の喜寿のお祝いに、ご自宅に初めてうかがい
ました。すでに実業から引退されているので、平日の午後ならご在宅かと思いアポ
なしでお邪魔しました。
この方は、大学卒業後定年退職されるまで一貫してある企業グループの宣伝畑を歩
まれました。仕事に厳しい方で、一枚のチラシに納期よりも完成度の優先を求めま
した。
ウェブの世界で宣伝物は一過性で即効性を求められるものが主流ですが、当時のア
ナログの世界では、後々まで残る紙の宣伝制作物に一縷の汚点も残さないというこ
だわりがありました。当時は指定原稿・版下製作・入稿・色校などの制作段階を経
て印刷物が納品となっていましたので、その各段階でチェックを受けました。
「あの頃はいい時代だった」と当時を懐かしみながら、お茶をいただきました。そ
して「お言葉ですが」と一言お伝えしました。確かに今振り返れば当時はいい時代
でしたが、再び経験したくないほどつらい日々でもありました。
ところで、ご自宅を初めて訪問して、退職後は新たな職に就かず、ゴルフなどを楽
しんで余生を静かに暮らしているご様子がわかりました。
何はともあれ自分なりのモノづくりの原点に久しぶりに触れることができました。

関連記事

  1. 応援
PAGE TOP