金言−614:今このせつなを

SUMMER NUDEというドラマの一節、予告なしに突然姿を消した恋人をひたすら待ち
続け、3年後に再会が叶う場面。

忘れ去ることができずにいたときに、思いがけなく再会。それは叶わないと思って
いた願いが叶ったのだからうれしいことでしょう。しかしながら、覆水盆に返らず
のたとえ、もっと早くもどってくれたらよかったのにと恨むのが定石です。

モノにかえると、3年前無くしたものがもどってきたとき3年前と同じ価値と役割
が期待できません。すでに代替品を使用しています、または、モノ自体の寿命がつ
きているかもしれません。処分したWindows98のPCが新品同様で戻ってきても今
では使い物にならないのと同様です。

でも、ヒトはちがうかもしれません。
放蕩息子のたとえ話があります。生前贈与された財産を使い果たして戻ってきた息
子に父は、死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったからだとい
い、祝宴を始めます。
時代劇では、子連れ狼の拝一刀親子が、明日がない冥府魔道を生きています。

今このせつなを肯定的に受け入れ、真剣に、または、楽しく過ごすことができるな
ら、まさに至福の時にちがいありません。

余談ですが、晩年父は「今この瞬間を永遠に残す。」と写真を撮っていました。

関連記事

  1. 甘いささやき
  2. 宅配便
PAGE TOP