金言−473:わがままな人生

人は若い頃に「わがままに生きる」、または「我慢して生きる」の選択をします。
ほとんどの人は「我慢と協調」を選択し、ごく一部の人はわがままに生きるという
道を選択するようです。

「わがまま」を選択した人は「わがまま」を受け入れてもらえるための「それなり
の位置」を得るために、「我慢と協調」を選択した人ができないレベルの努力をし
て「それなりの成果」をだします。 ここはダメだけれど、ほかでここまで凄けれ
ば仕方がないというレベルに到達できれば、「わがまま」は通ります。もちろん、
「わがまま」は認めないという社会や組織では「切られる」ことになります

昔、スポーツ紙を賑わした歌手が、「歌手」は本来「歌」で評価されるべきで、プ
ライベートな側面で評価されたくないといいました。相撲でも、歌舞伎でもトップ
に立つ人物はトップレベルの品格を要求されるでしょうが、それでは品行方正で非
の打ちどころがなければその業界で一番になれるかといえば、全くそうではありま
せん。利益追求の私企業なら、まじめで悪さをしない営業マンがトップセールスパ
ーソンであるかというと、それはとんでもないことです。営業マンなら、どれだけ
会社の利益に貢献する注文をとってくるかで評価されます。

営利企業では利益に貢献する限りにおいて、「それなり」の「わがままと悪さ」が
認められるはずです。ですから、「わがまま」でありたい勤め人は、精一杯努力し
て実績を積み上げるために努力します。

関連記事

  1. 田中修治
PAGE TOP