金言−290:カーボンフレームのクロスバイク

1980年代後半、イタリアのカーボンラケット工場で、自社ブランドの自転車フレ
ームを製造し、日本市場参入を試みたベルギーのメーカーがありました。南イタリア
工場の敷地は広大で、飛行場と鉄道の線路を備えていました。

テニス業界ではカーボンラケットが主流になり、あのビョルン・ボルグもオーバーサ
イズのラケット(デカラケといいました)で練習していた頃の話です。自転車フレー
ムの企画アドバイザーは、ツール・ド・フランスで優勝回数が世界2位のベルギーチ
ームで何回も優勝した有名選手でした。イタリア人の資産家から事業資金を得て、ド
イツのボンで開催された二輪車ショーにも出展しました。ここまでの資金は確保でき
たのですが、本業のラケット事業が不振となり、バックオーダーを抱えながら倒産し
てしまいました。ベルギー、フランス、イタリアの資本家が投資したブランドでした
が、その後どうなったか不明です。

この自転車のカーボンフレームにはTREKKINGと書かれています。当時トレッ
キングがアウトドアスポーツで流行っていたためのネーミングですが、いまならクロ
スとしたに違いありません。自転車ビジネスへの新規参入は時期尚早でありました。
とにかく、シマノの部品で組んだカーボンフレームのサンプル自転車が1台、フライ
ングの記念品として手元に残りました。最初の10年間は家具の一部として部屋に飾
り、次の7年間はカバーをかけてベランダにだしました。
保存状態が良かったので、17年間原型をとどめ、タイヤもチューブもそのままで、
街中を走ることができました。

最近、地球温暖化防止の一環で化石燃料を使う乗り物の代わりとして自転車が注目さ
れるようになりました。そこで、我が家のこのお宝を近所のスポーツバイク専門の自
転車屋さんに持ち込み、パーツ交換をしたら日常使用ができるか相談しました。わか
ったことは、団塊の世代にもよく売れているクロスバイクであるということと、日本
で販売されていないものだから、なるべくそのままにしておいたほうがいいというこ
とでした。はっきりいうと、あまりお金をかける価値はないということでした。そこ
で、消耗品であるタイヤとチューブを交換しました。タイヤは「パナソニックのツー
キニスト 700X28C」(自転車通勤用に開発されたパンクしにくい製品です)
をつけました。

自転車フレーム製造ノウハウの蓄積がない工場の製品で、実車でのユーザ評価がない
ので、日本未発売というだけではプレミアムにならないようです。新興市場に上場し
たての社歴5年未満のベンチャー企業の株価評価のようなもので、信頼性に欠けると
ころが不人気の理由です。

17年間も放置してあったので、そろそろ廃棄処分にしようかと思っていた自転車で
すが、カーボンフレームで軽量、さらに、街乗り中心のスポーツ派向けのクロスバイ
クということがわかり、見直しました。自転車屋のマスター(バーバーではないので
すが、おじさんというわけにもいかず)のおかげで、ブレーキとギアの調整、それに
タイヤとチューブの交換で安全性が確保され、日常走行に耐え得る機能が確認されま
した。

余談ですが、夏日のポタリング中に、多摩川の河川敷でビールを飲むのは我慢してい
ます。道路交通法違反ですから。

◆あとがき

まもなく、入梅です。今年はカラ梅雨になるのか、長引くのか、当然わかりません。
平年並みといわれても、平年とは去年と同じということではありませんし、予想が外
れれば地球温暖化による異常気象が原因となります。もはやエルニーニョが便利なキ
ーワードとして使えなくなったためかもしれません。

関連記事

  1. 就職氷河期
  2. 関白宣言
PAGE TOP