202107-415:マインドフル・ポタリング

禅の修行のひとつに経行(けいひん)という、座禅と座禅の間に歩く修行があるそうです。せかせかした気持ちを落ち着かせ、今この瞬間歩くことに意識を向けていく。呼吸を歩く足のペースに合わせてゆっくり足の動きを意識する。
引用:荻野淳也 がんばりすぎない休み方

これをポタリングに置換すると、目的地とかケイデンスとか雑念を振り払い、足のウラのペダルに意識を集中して無心にペダルをまわすこと。ドラゴン桜では東大受験生が歩きながら勉強していましたが、マインドフル・ポタリングでは無心にペダルをこぎます。
ペダルの回転につれて体が前に進んでいく感覚を意識する。もちろん目を閉じるわけではないので、安全安心な走行が第一優先です。インドアサイクリングの方がいいかもしれませんが、外気にふれ、風をうけ、陽を浴びたほうが健康的な有酸素運動のような気がします。 リラックス効果が期待されストレス解消につながるはずです。
日の出のあとアスファルトが熱くなるまでの小一時間が、ゴールデンタイムです。

関連記事

  1. 井の頭公園
  2. 帰国子女
  3. 女王
PAGE TOP