金言-995:夢には夢で対抗

今朝目が覚めたときに覚えていた夢の話。
創業17年の会社のことです。社長100%所有の同族会社です。
オーナーだと知らない人が、会社が倒産したとかするとかいううわさをその会社の
オーナー社長に伝えました。周囲からも同じような風評が流れています。
自分が死んだとか危篤だとかを赤の他人から教わるような感じです。
オーナーは夢の中で、人生こんなものかとうわさを否定しません。
100%オーナーで無借金、売掛はあっても買掛は0円の会社です。仕掛中の案件は赤
字プロジェクトではありませんし、有価証券は十分な含み益がでていますので、リ
スクは軽微。市場が暴落しても含み益がなくなるだけです。たとえ紙切れになって
も債務超過にはなりません。テレワークのB2Bの商いですから、コロナ感染拡大で
首都圏がロックダウンになってもオーナーが感染して重症化しない限り、会社は潰
れようがありません。

夢には夢で対抗しようと思いす。
例えば、桜木町の近く、京急戸部駅近くのカナダ先住民の小物を扱う店で売ってい
るドリームキャッチャーとか。このお守りの網で悪い夢を捕まえ、良い夢はその下
のフェザーから降りてくるといいます。これを吊り下げておけば悪夢は消滅、家内
安全商売繫盛というおまじないです。

関連記事

  1. 報酬
PAGE TOP