金言-922:「がんばらなくていい」「うまくできなくていい」

音楽無し

音楽無しのワークアウト。スポーツジムで音楽を聴きながらワークアウトをするのを控えるようにして1週間が経ちました。いままでは屋内バイクでケイデンスが落ちてくると山本リンダやピンクレディで回転数を上げ、心拍数が140を超えると演歌で調整していました。それをノイキャン(ノイズキャンセリングイヤホン)だけでケイデンスを調整するようにしました。調整は自分の体調次第です。どこかに違和感がでればペースを落とし、調子よさそうなら負荷をかけ、異常がなければ限界を感じる前まで頑張ります。
ノイキャンのおかげで周囲の騒音は気になりません。隣でランニングマシーンがフル稼働していても、背後の筋トレでキン肉マンが叫んでいても、平常心でペダルをまわし続けます。
でも、まわりが頑張っていると励みになります。

音楽無しのワークアウトの効能を菊池和子氏が教えてくれました。

音楽はもちろん、テレビを観ながらでは、肝心の体の声が聞こえなくなってしまう。
雑音を排除して、体に意識を集中させよう。

引用元:痛みが消える「きくち体操」

関連記事

  1. 荷物預け
PAGE TOP