201903-103:日常のごく普通のシーンでの肩腱板損傷

肩腱板損傷

右肩に痛みがでて、整骨院に行ったところ肩腱板損傷とのことでした。
四十肩、五十肩の延長みたいなものです。加齢性変化と呼ばれ、腱板が脆く痛んでくるので、日常生活でのちょっとした負荷がかかった時に発症するそうです。幸い断裂ではなかったので1週間ほど安静にして腫れがひいたところで、リハビリで自然治癒を狙います。

先週から始めたスポーツジム通いで調子に乗って筋トレで肩を痛めたわけではございません。
転びそうになって手すりをぎゅっと掴んだとき・・・
重いものを上に持ち上げたとき・・・
洗濯物を干したとき・・・
こういう日常的なシーンでの経年劣化による故障です。
仕方ありません、2週間様子見の後、軽い負荷をかけたリハビリ開始です。
スポーツジムはダイエットではなくて、リハビリで利用することになります。
楽しみが増えたわけではありません、やることがひとつ増えました。

関連記事

  1. 従業員の夢のあと
  2. はったり
  3. あさま山荘
PAGE TOP