金言-881:昨今の勝ち組は違います。

つい最近までは、リストラで人件費削減して利益確保が債務者の義務になり従業員は使い捨て状態でした。当然従業員の歩留まりが経営者の期待を下回り、人手不足に悩まされている企業が一般的でした。それが少し変わってきたのかもしれません。または、何も変わっていないのですが、メディアで話題になる企業が以前と少し違うのかもしれません。

先日見たビジネス番組で、3Kの企業が従業員の40%を入れ替えて平均年齢を20歳若くして、業績をV字回復した成功事例を紹介していました。また、別のIT企業では、文系理系を問わず大卒を採用し、内定から入社までの10カ月で業務に関連する国家資格を全員に会社の費用で取得させるプログラムを実行していました。その資格があると、転職も敷居が低くなりますが、従業員の定着率低下をもたらしていないそうです。

人手不足は労働の質と量に見合った賃金より安い金額で採用したい不人気な買い手に、売り手が喰いつかないために発生している事象かもしれません。人気のある会社には、賃金に将来性のプレミアがおまけについていますので、人材が集まってきます。きわめて合理的な採用動向です。

関連記事

  1. 連休
PAGE TOP