金言−825:労基に訴えられることを嫌い

出張先のクライアントの従業員の不具合。
不適切な勤務内容です。
中途採用で、前の職場では辞める際に待遇を巡って労働基準監督署に訴えた履歴を
持っています。同業他社からの転職なので経営者間の情報交換のなかで漏れ聞こえ
てきた事実です。

本来、こういう従業員は採用を見送りたいところですが、昨今の個人情報保護法に
守られて、前職での行為は表にでることは減っています。履歴書に労基に訴えた事
実を記載していなくても、面接のときに報告しなくても、これが後日採用取り消し
の理由にはなりません。ましては、面接担当者がそういう事実の有無を問うことは
ありません。

ブラックに近い企業としては労基に訴えられることを嫌い、コストパフォーマンス
が悪くても、本人が辞めるといわない限り、様子見となります。

他人事、取引先の事案なので、当社としては失敗事例の記憶にとどめておきます。

関連記事

  1. 甘いささやき
PAGE TOP