金言−777:盛り土からコンクリートの箱

1996年世界都市博覧会をお台場で計画し、官民ともに巨額の設備投資をしていたの
ですが、イベント中止を公約に掲げた候補者が都知事になり、中止となりました。
青島都知事の時は、都市博覧会の特需を見込んでお台場に建てた2つのホテルは、
開業断行か延期かで明暗が分かれました。
一方は都市博覧会中止により、集客減を悲観して開業を延期したホテル。他方は、
特需消滅にもめげず、しかしながら幹部スタッフを廉価なB級にしてランニングコ
ストを抑えて開業を断行したホテル。
そして結果は開業したホテルの独り勝ちとなりました。都市博はなくても、連日ホ
テルは大盛況となり、B級として採用されたスタッフは勝てば官軍で成功事例をつ
くった「できるホテルマン」として業界で名を残しました。
今回は、盛り土をしなかった都の職員のおかげで新都知事は築地市場の移転を延期
しました。これにより、青島さんの時のように、移転延期の逆風のなかで、大化け
する企業がでてくるはずです。大儲けして成り上がる企業はどんな企業なのか、石
原元都知事の「コンクリートの箱」のおかげで、楽しみがまた一つ増えました。

関連記事

  1. 金言 サボリーマン画像
PAGE TOP