金言−724:「畠xx」という営業パーソンの件

早朝のポタリングで「畠xx」という表札を目にしました。
20代の頃の職場を思いだしました。
営業部門にこの苗字の社員がいました。
この人の人事評価は低めでした。不当な評価ではなかったようです、営業成績も低
めでしたから。職場でのこの人のポジションはよそ者レベルでした。
理由はすぐわかりました。
ある時、系列事業所の大宴会場で当時「折伏」という非寛容で熱狂的な布教活動を
する「カルト集団」(当時はそう見られても仕方ない活動をしていました)が催事
を実行しました。その会場にこの人がメンバーとして出席していました。
あの時、会社はこの集団の動きを警戒していました。信教の自由が保障されている
我が国では、この集団のメンバーであることを解雇理由にはできませんでした。そ
れにこの人は有給消化で出席していました。
当時はこのカルト集団の勢力拡大が著しく、おまけに指導者層の過激な扇動が私企
業の経営者を不安にさせました。第2の労働組合として厄介な存在になることを恐
れたのです。
その後、このカルト集団がどうイメージ戦略を展開していったか、また、この営業
パーソンがどういう役目を果たしたか、同じ職場は2年ほどでしたし、この会社と
ご縁がなくなり、顛末はいまだに不明です。

関連記事

  1. 年賀
  2. ミネラルウォーター
PAGE TOP