金言−499:もうはまだなり、まだはもうなり

東日本大震災から3か月が経ちました。
震災後、某大学の地震関連何とか学専門の某教授をはじめ、多くの専門家が口をそ
ろえて3か月後のM8級の大余震が来るのは避けられないと、1か月後に起きたか
なり大きな余震の際に公言していました。

1カ月後に起きた大きな余震の際、これで終わりではないと警告していました。そ
の後、この人たちの警告は続いているのでしょうか。民主党政権は風評の被害拡大
やパニックを回避するため、東京電力福島原発関連のネガティブな状況を小出しに
発表しています。

今のところ、3か月目の大余震は発生していません。もし不幸にも発生した場合、
2カ月前に口をそろえて公言した専門家たちが再登場して、後講釈を始めることで
しょう。

もう来るだろうと身構えていると、なかなかやって来ないのが世の常です。
そこで、2カ月前から我が家では緊急避難ができる態勢を整えてきました。油断し
ないで警戒していれば疫病神は近づけないだろうと勝手に考えています。

今まで、ちょっと油断したり怯んだりしたときに、禍が降りかかってきました。だ
から逆手にとって、最悪のシナリオを描いて行動するようにしています。最悪のシ
ナリオより悪いシナリオとなった場合は、1000年に1度の未曽有の出来事とし
て諦めることもBプランとして準備中です。

関連記事

  1. 宅配便
PAGE TOP