金言−498:茶番

今回の内閣不信任案の採決直前直後の民主党の動きをテレビ中継やワイドショーで
見た有権者の多くは、次の選挙で絶対こいつには投票しないと思ったにちがいあり
ません。

昔、ヨーロッパの有名企業のスイス人トップが、事業不振の責任をとって辞めると
宣言しました。それも期首の取締役会で、退任時期は期末と発表しました。

その後、12月の期末まで1年近く、ボスは本当に辞めるのか、実際は辞めないの
ではないかなどといろいろなうわさに従業員が翻弄されました。辞めるまでの1年
は、この会社の暗黒時代の最後の1年となりました。振り返れば暗黒時代最後の1
年ですが、渦中にあった人たちにとっては、終わりの始まりとなっていました。

辞任するといったボスは、まず自らの求職活動を公然と行い、同時に社内の抵抗勢
力を全員追放しました。そして造反する幹部社員を一掃した年度末に、予定どおり
退任しました。

今巷でいわれている、「腹黒・バカ・ワル」にたとえると、ボス(腹黒)が仲間(
バカ)を利用して抵抗勢力(ワル)を社外に追放したわけです。ワルを一掃して腹
黒が退任しましたので、この会社はクリーンになりました。
そして、株主は外部から経営陣を送り込み、みごとに会社は再生しました。

我が国もこの事例とおなじシナリオが描けるといいかもしれません。

関連記事

  1. 安全第一
PAGE TOP