金言−460:議論を尽くしても既存勢力には勝てない

某株屋さんのコメント:
「日本の景気回復は、規制緩和による企業活動の活性化と官僚制の弱体化(独立行
政法人全廃)による行政コストの削減に取り組むことで実現が期待できる。既存の
官僚制度(優秀な頭脳集団)に対して既存理論をベースにして議論しても政治家は
勝てない。現状打破には、独裁的な強いリーダーの出現が望ましい。理論闘争では
既存勢力には勝てない。革命は新しい価値観で既存理論を全否定することだ。」

1960~70年代の学生運動家の決まり文句:
「団交。理論闘争。内容的に展開しろ。」

現在の永田町の先生たちの18番:
「議論を尽くす。説明責任を果たせ。」

40年前の安田講堂の生き残りも、現在の議事堂の代議士も、問題解決の手段は議
論です。日本共産党の先輩たちが選択した実力行使ではなく、既存勢力との理論闘
争で勝てると思っています。

株屋さんの方が革命的です。20年間の連敗記録は、理論闘争では勝てないことを
証明しています。同じような状況で、ドイツ国民はかつてニュールンベルグでフュ
ーラーを選びました。幸い我が国は、今のところ、「天下大乱、新佛出現」にはい
たっていません。

関連記事

  1. サイバー犯罪
PAGE TOP