金言−769:当時は余裕がありませんでした

勤め人として現役の頃は、事務所にだれよりも早く出勤し、自分のデスクを雑巾が
けし、前夜の着信を処理して始業時間を迎えていました。
上司や同僚、秘書たちが出勤するまでには、当日の予定はほぼ見えていました。そ
して、早朝から深夜までおまけに休日出勤をして、自分は常に臨戦態勢にあること
を160余国に事業展開していた本社の幹部にアピールしていました。職場は24時間
耐久レースサーキットで、体調不良でピットインすれば周回遅れになります。それ
でも、与えられたポジションをキープするのがやっとという状況でした。
そういう中で、今でもふと思いだすことがあります。
ロンドンでの私企業の国際会議中にVIPゲストがスピーチをし、その後ティータイ
ムが予定されていました。ゲストは会議出席者全員と握手をし、専属カメラマンが
いて、翌日にはツーショットの写真が出席者全員に配られました。写真は、広報資
料として公開して良いという許諾条件が裏面に記載されていました。
VIPゲストは英国元首相のサッチャー女史でした。
握手をした時に日本の首相の名前がでて、困りました。日本国民として首相の名前
は知っていますが、彼が英国にどのような対応をしているか全く知りません。自分
の業界の話題なら何とか応えられます。商いでは、政治と宗教の話題は控えるのが
お約束であったので、この時は慌てました。話題にしなくても、政治的な立場や政
府の動向などは日頃関心を持つべきでした。
今はそういう緊張する場面から相当距離を置いています。それでも現役の頃よ
り政治経済のことに関心をもっているような気がします。皮肉なものです。期日前
投票などができる暇・余裕が十分あるためでしょうか。福島原発メルトダウン以降
は、有価証券取引で損を出していないのも、余裕の環境保全に役たっています。

関連記事

  1. 春彼岸
PAGE TOP