金言−412:携帯ナビ

先週、地方出張があったのですが、今回いつも自転車でポタリングするときに使っ
ている小型のナビを持っていきました。目的地の経度緯度と海抜何メートルかなど
の位置情報がわかると思ったからでした。

新幹線の窓際にナビを置いたとき面白いことに気がつきました。車窓から見える景
色がナビの地図と連動し、次々に出現する山や建物や現在位置がわかるようになり
ました。

カーナビは目的地までの案内情報を提供してくれますが、運転中なので景色を眺め
て地図のなかを刻々と移動していることを楽しむ余裕はありません。一方、新幹線
の窓際に置いたナビにより、観光バスに乗ったような気分を味わいました。ナビが
次々に景色を説明してくれるからです。音声での景色の説明はしてくれませんが、
知りたい景色、これから現在地、これから現れる風景、移動スピード、高度、移動
距離、目的地までの距離などが文字情報と一緒に画面に表示されます。これで電車
の旅がいっそう楽しめると思いました。もっと早く気がつくべきでした。

携帯電話のナビサービスをご利用の方には常識かもしれませんが、意外な発見のよ
うな気がして、得した気分を味わいました。

関連記事

  1. 就職氷河期
PAGE TOP