金言−350:瀬戸内海で溺れそうになったことがあります

映画のロッキー・バルボアは、引退した後、最後にもう1回戦いたいという夢を実
現します。引退した元チャンピオンの意外な強さに、ボクシング界のコメント屋さ
んが「真のチャンピオンは最後にもう1回戦える余力を残している。」というよう
なセリフをいうシーンがありました。

スポーツ選手の引退の理由は、戦う気力と体力が衰え限界を感じたからというのが
多いと思います。ただし、チャンピオンと2番手以下の選手とは引退のタイミング
が違うかもしれません。大相撲の大関はカド番を脱出できず転落しても引退はしま
せん。再度返り咲きを狙い土俵に上がり続けます。番付が下がっても幕内にいる限
り戦い続ける力士もいます。一方、チャンピオンの横綱は序盤で3敗すると休場し
、優勝に絡むことができなくなると引退を考えます。ですから、ロッキーのように
、引退した横綱にはもう一度優勝できる余力(可能性)が残っているともいえそう
です。

今だから笑い話になりますが、余力を残して、助けを求めたことがあります。学生
時代、瀬戸内海の島で合宿をした際、地元の若い人たちと目の前の小島まで泳いで
渡ることになりました。少し前までは干潮で歩いて渡れた小島です。何の不安もな
く、泳ぎだしたのですが、海面は波もなくプールのようなのに、途中から、前に進
めなくなりました。潮に流されていることに気がつきました。そこで、体力が残っ
ているうちにと思い、前を泳いでいる人たちや先に泳ぎ着いている人たちに向かっ
て、「助けてくれ」と叫びました。ところが、周りにいる人たちは、まだ顔色も動
きも悪くないのでふざけていると思い、緊急事態とは受け取ってくれませんでした
。2回ほど海中に沈んで初めて救助してもらえました。余力を残して助けてもらう
のは非常に難しいということを、あの時、体で覚えました。「天は自ら助くるもの
を助く」といいます。独立独行、依頼心なく、奮闘努力する者を天は助けて幸福を
与えてくれます。(広辞苑より)

余談ですが、あの時、体力消耗して沈みかけたとき、海の水が、温かくて柔らかく
てとても気持ちよかったことを覚えています。ボクサーがパンチを受けてダウンし
たとき、立ち上がれないのは痛みからではなくて横になってそのままにしている方
が気持ちよいからだと聞いたことがあります。

関連記事

  1. 安全第一
PAGE TOP